RecordRTCを使ったデスクトップ画面共有アプリを作ってみた。

0 件のコメント
前回記述した
WebRTC(PeerJS)とPolymerを使ったデスクトップ画面共有アプリを作ってみた。
の派生として、
RecordRTCを使ったデスクトップ画面共有アプリを作ってみました。

こちらからインストールできます。
(とりあえず動くものをアップした状態なので、画像とか使い方が書けてないですが。。)
◆ Desktop Capture Recorder
https://chrome.google.com/webstore/detail/desktop-capture-recorder/boajadhokhjkmfjmnmmkkmgnafnbcfco

このアプリが何ができるかというと、デスクトップで開いているアプリケーションを録画し、録画内容のプレビュー・保存を行うことができます

前回記述したアプリではデスクトップ画面のリアルタイム共有ができますが、セキュリティやネットワークのトラフィックなど気になる箇所がありました。
これで問題解決です。。たぶん。

・使い方をザックリと。
1. 拡張機能のアイコンを押す。
2. デスクトップ画面のどの画面を共有するか選ぶ。すると録画開始。
3. 拡張機能のアイコンを押す。すると録画停止。
4. 拡張機能のアイコンを押す。吹き出しが出てくるので、プレビュー見るか保存するか削除するかを選ぶ。
以上。

作り方

要領は前回と一緒で、getUserMediaで取得したstreamを、RecordRTCに流し込むだけ。
簡単です。
シグナリングサーバーも外部への通信も何も入らないので、更に楽。

・RecordRTC
https://www.webrtc-experiment.com/RecordRTC/

まとめ

簡単です。って書きましたが、ハマったところもありました。
何も考えずにgetUserMediaで取得したstreamを、RecordRTCに流し込むと、録画した動画の縦横比率がめちゃくちゃになりました。

どうしたかというと、
1. stream取得
2. videoタグを作成しstreamを流し込む
3. videoタグの[canplay]のeventでvideoWidth/videoHeightを取得する
4. 「3.」で取得したwidthとheightをRecordRTCのオプションに指定する

ということをしました。

要望があればソースも混じえて解説するかもしないかも..です。

以上!

0 件のコメント :

コメントを投稿